アペフチ

WordPressでGutenbergのブロック追加ができない

ここの「+」の所。

ce78a14fa17a3743411af09f8bf3b57c

これが何故かグレーアウトされたままでブロックが追加できなかった。
「Gutenberg cannot add block」とかでググったら出てくる解決法の、「プロフィール画面で『 ビジュアルリッチエディターを使用しない』のチェックを外す」をしてもだめ。

なんでだろう思いつつ、「Classic Editor」プラグインを入れてみたら、TinyMCEになるわけだけど、なんかHTMLしか入力を受け付けない、WYSIWYGモードにならない。ここで「WordPress wysiwyg not shown」とかでググったら、「WordPressはUAを見てリッチエディターの有効・無効を判定しているので、CloudFrontを使っているとリッチエディターが使えない」ということが分かる(例:Rich Text/Visual/WYSIWYG Editor does not work in WordPress behind cloudfront – dtbaker.net)。
リンク先では functions.php を編集しているけど、CloudFrontでUser-Agentヘッダーをフォワードするように設定して解決。

Gutenberg関連だという思い込みがあって中々解決に至らなかった。CloudFrontは盲点だったなあ。
もうソースコード読むしかないか……という気持ちだったので、そうなってたらまあ、発見できたかも知れないが相当時間か掛かりう。「Classic Editor」を入れる、というのを試して本当によかった。

パソコンの目の前でポッドキャストを聴けない

パソコンの目の前でポッドキャストを聴けない。

ポッドキャストは「ながら聴き」ができていい、という面がある。寝しなに目をつむったまま寝入りながら聞けるとか、通勤中に聞くとか、散歩しながら聞くとか。

でも、パソコン開いてぼーっとしながら聞いてると、いつの間にか別のことを考えていて、聴いてない。慌てて巻き戻す。ということを繰り返していた。なんか、いつの間にか、むしろポッドキャストの内容を切っ掛けにググったりしているのだけど、目の前に記事に集中してしまっている。僕は視覚優位なのかも知れない。

シュガーソングとビターステップ

今週初めに太鼓の達人をやり始めた。

最初は米津玄師の「Lemon」がクリアできるかできないかぐらいのレベルで、今日UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」の「むずかしい」をクリアできるようになった[1]

シュガーソングとビターステップとは不思議な縁があって、いつも転換を齎してくれる。ポップンミュージックでは難易度HYPERからEXTRAに移る最初の曲として丁度いい難易度だったし、この曲を知らなかったけどYouTubeで検索してUruを知ることができたし、そして今また「ドン」「カ」が混じる太鼓の達人曲の練習相手となってくれている。特別好きな曲というわけではないのだが、縁がある。


1. 例外的に米津玄師の「LOSER」だけはすぐにクリアできるようになった。やっぱり好きな曲は違う。